016

デビットカードなら携帯電話の支払いもできるようになっています。一部の携帯電話会社では、確実にお金を支払ってもらうことができるようにと、クレジットカードでの支払いしか受け付けていないケースもあります。

クレジットカードでしか支払うことができないとなると携帯電話の契約ができないということもあるため、購入や契約をしたくてもできないという方が増えてきてしまいます。

携帯電話の契約をするときには、支払いはどのようにするのかを選択することができることがほとんどですが、クレジットカードでの支払いであれば確実に支払ってもらうことができるため、請求する側にとっては安心感を得ることができるようになっています。

現金での支払いとなると、請求書を発行しなければいけなくなったり、引き落としとなると残高不足もありうるため、現金と引き落としに対応していないケースがあります。しかし、クレジットカードを持っていないため、携帯電話の契約ができないという方が出てきてしまうため、携帯会社ではデビットカードでの契約ができる会社もあります。

大手携帯電話会社のauでは、デビットでの支払いを受け付けてくれているので、クレジットカードがなくても支払いをすることができるようになっています。デビットでの支払いを希望している場合には、契約を行うときに、支払いはデビットということを伝えることで、デビットでの支払いをすることができるようになっています。

auでは、デビットを使っての支払いができるようにはなっていますが、すべての携帯電話会社で使えるというわけではないため、自分が契約をしている、または契約を検討している会社で対応してくれているのかをしっかりとチェックするということが大切となってきます。

おすすめサイト:http://xn--t8j4aa4nyh9e1ajk0h8v.net/

デビットでの支払いは、自分で口座のお金を管理しておくということが大切となるため、きちんとしはらいができるお金が口座にあるのかを確認しておくことで、きちんと毎月支払いをするということができるようになります。

デビットを使って支払いをするための注意点は

017

デビットカードを使ってauを契約し支払いをするときには、気を付けなくてはいけないのが、引き落としがされる日時にはしっかりとお金を口座に入れておくということです。

デビットを使っての支払いという方法は、必ず口座にお金がなければ支払いをするということはできなくなっています。口座から直接お金が支払われるようになっているため、口座にお金が入っていなければ、支払いができず滞納扱いとなってしまいます。

口座にお金が入っていなければ、振り込み用紙を発行してもらい、コンビニなどで支払いをしなければいけなくなるため、口座から引き落とされる日までには、しっかりと口座にお金を振り込んでおくということが大切です。

口座にはお金が入っていなければ、デビットを使うということはできなくなるため、定期的にデビットカードとして使っている口座にはお金を入れておき、買い物や支払いをするときに備えておくということが必要です。

口座にはお金が入っているのかどうかは、アプリを使って確認することができる銀行も増えてきているので、スマートフォンなどで自分のお金の管理ができることもあります。アプリであれば、お金の入っている金額や、使った金額も知ることができるので、スマートフォンなどを使いアプリで管理をするという方法もできるようになっています。

デビット払いをする上で気を付けること

018

デビットカードを使って、au等の携帯会社の支払いをするときには、確実に支払いができるように口座にお金を入れておくことです。万が一口座にお金が入っておらず、支払いができないことが続いてしまうと、デビットを使っての支払いができなくなってしまうこともあるため、しっかりと口座にお金を入れておくことが大切です。

口座にお金を入れておかなくてはいけないため、自分の携帯電話の契約ではいつ、引き落としとなるのかを把握するということも大事となるため、引き落としの日をきちんと把握しておくということも大切です。

人によって契約日や引き落としの日がちがうということがおおいため、自分の引き落としの日をきちんと把握していれば、それまでにお金を入れておくということもできるようになっています。

携帯電話の支払いをデビットにするという方法は、クレジットカードでに比べると劣っている部分はありますが、定期的に一定の金額のお金が口座に入っているという方であれば、きちんと支払いをするということができるようになっています。

デビットを持っておくことで、支払いを簡単にすることができるので、一枚持っているだけでも支払いをスムーズにすることができ、auの店頭などでも使うことができるお店も増えてきているので、ケースや部品などを購入するときなどにもデビットを使って購入することができるようなかなっています。